正式名称

グルコサミン、コンドロイチンの相乗効果

つい運動不足が続いてしまうと、体がなまってしまうことがありますね。
若い頃はある日突然運動を始めても、すぐ動くことができるので問題は無いように思えてしまいます。
しかし、運動不足や栄養不足は時間をかけて体をむしばんでいきます。
手入れを行わない自転車が、時間とともに錆びついていき、本来の機能を果たさなくなってしまうことと同じです。
人間には、適度な運動と食事が必要なのです。

食事には、日ごろのエネルギーを蓄えるだけでなく、生きることに必要な栄養を摂ることが関係しています。
これを怠ってしまうと、『運動』にも支障をきたし、悪循環です。

ここでひとつ例を挙げますが、その運動を行う際、冒頭に述べた「なまり」が原因で、関節の痛みや腰痛を引き起こすことがあります。
何が原因なのでしょうか。

その一つが、『軟骨』の減少です。
軟骨は骨と骨のクッションとなり衝撃を和らげる働きをします。
その軟骨の大部分を占めている成分が『コンドロイチン』です。

良く聞く名前ですが、このコンドロイチンとは人間の活動にとても重要な成分だったのです。
コンドロイチンはサプリメントなどに含まれていますが、グルコサミンの成分が一緒に含まれているものを選ぶと吸収が良くなると言われています。
▼またこちらのサイトにもコンドロイチンとグルコサミンについて詳しく書いてあるので参考にご覧ください。



このページの先頭へ